So-net無料ブログ作成

最近不思議に思うこと [音楽]

iPodで聴く音楽が、変わったこと。
病前は、メタル系、ハードなロック系を主に聴いていた。
ところが、この病が落ち着き始めてからは、ポップス系、ソフトロック系、ボーカル系を好んで聴くようになった。

アモキサンというのは、こんな「副作用」もあるということかw

病前は、古くは大御所リッチー・ブラックモア、ヴァンヘイ、イングヴェイ、スティーヴ・ヴァイ、味のあるマイケル・シェンカーなどのいわゆる速弾きギタリスト、ゲイリー・ムーアのアイルランドっぽい音、ごつごつしたアンガス・ヤング、Dokken、Extremeのギター、Helloweenのコンセプトっぽいところ、Impellitteri、プリーストの様式美w、Mötley Crüeのジャンキーな感じw、Racer XとMr.Bigのポール・ギルバート、ライチ(Queensrÿche)の知的さなどなどを好んで聴いていた。

最近では、メタル系HR系はなぜか重くて聴けなくなっている。
ボーカル系、ポップス系というのか、セリーヌ・ディオン、ホイットニー・ヒューストン、ユーミン(特に荒井由実時代)、竹内まりや、岡本真夜、コブクロ(これは以前から聴いていた)、鬼束ちひろあたりに守備範囲が移ってきた。

笑ってしまうのは、オールデイズ系までをも聴くようになったこと。
「煙が目にしみる」「ヴァケイション」「ミスター・ベースマン」「悲しき片思い」「サイレンス・イズ・ゴールデン」「慕情」などなど。

iTunesには、カウントベイシーあたりから「おかあさんと一緒」「ディズニー映画音楽」wまで、雑多な種類を入れてあるし、iPodは、ほぼ同期している。
そのときどきによって聴き分けていたわけだが、ほぼロック一辺倒だった私が、こんな状態になるとは。

ほんとうに不思議だ。

『精神科医は腹の底で何を考えているか』の春日先生が指摘する、うつ病というものを「体験してしまった以上は、何らかの不可逆的変化が内面にも日常にも訪れるだろう。」(190頁)というのは、こんなところにも現れるのかもしれない(ほんとか?w)。

MetalというジャンルだけをiTunesのスマートプレイリストで収集しても、2ギガはあるわけで。
いわゆるハードロックを含めたら、実はiTunesのほとんどが、ロック系なわけでw

もし、これらを受け付けない体?wになったとしたら、いったいこの膨大な音楽資産はどうなるのだろうかwww
まさか、演歌や浪曲が好きになったりすることはあるまい。
(もっとも、氷川きよし、森進一、北島三郎、坂本冬美、川中美幸、石川さゆり、藤あや子、小林幸子、香西かおり、そして美空ひばりあたりだったら、聴いてもいいかなという気はする)

今日の散歩は東コースその2だった。
帰り道、交差点で信号待ちをしていると、快晴の空を背景に、橙色の桜の葉が風に吹かれて落ちて行く風景があって、思わず見とれてしまった。
朝からトクをした気分。

横断歩道を渡ると、そこにゴールデンレトリバーを休ませている年配の方がいた。
なぜか犬と目が合った。
やさしそうな目をした犬だった。

私のほうをみて尻尾を振っている。
飼い主に断って、犬の体をさすってやると、犬は大喜び。
私の顔を舐めてくる。

しばらくそのご主人と話をして、帰宅。

さて、朝ご飯。
コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:日記・雑感

コメント 0

コメントを書く

お名前:[必須]
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

トラックバック 0

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。